[達磨さん転んだ/チンジャオ娘]飼育小屋少女のエロ画像ネタバレ

飼育小屋少女-The Girl Like a Human-エロ画像ネタバレまとめ

飼育小屋少女

少女を自分のモノにした教師の行く末は?!

ハンディコミック【飼育小屋少女】LP1※スマホ専用

 

小さな女の子「ミミ」が飼育小屋に閉じ込められ、獣として飼育されている・・・。

 

小屋には雄の獣2匹(獣化した人間)も一緒に・・・!

 

雄どもは、かなり乱暴で欲情もみなぎっている。

 

ミミは朝飯レベルで小屋の中で犯され続ける・・・。

 

この記事では、飼育小屋少女のエロ画像ネタバレも含めてまとめてみました。

 

飼育小屋少女の漫画情報

ハンディコミック【飼育小屋少女】LP1※スマホ専用

作品名 飼育小屋少女-The Girl Like a Human-
作者 達磨さん転んだ/チンジャオ娘
配信サイト Handyコミック(ハンディコミック)
配信数 5話完結
ジャンル 輪姦,ブラウザ視聴,iPhone・iPad対応,和姦,ロリ系,少女,首輪・鎖・拘束具,監禁,フェラ,中出し,調教・奴隷,強姦,Android対応,50%OFF対象

 

 

飼育小屋少女の登場人物

新任の男性教員

ヒーローなのに姓名無しという可哀想なダディ。この春から、ミミのいる授業に転勤してくる。
最初は飼育小屋で飼われるミミを見て「非人道的だ」と思っていたが、周りのそれぞれがあんまり自然に接しているので、段々と「そういうものです」と受け入れるようになる。
転勤早期ミミに懐かれ、その事が契機で飼育小屋職務にセレクトわたる。ミミと雄が交尾するのを見て、性的スリルを抑えられなくなる。

 

 

ミミ

飼育小屋で裸で飼われているギャル。それぞれと同じうわべをしているが、それぞれと同じセリフは話せない。
おんなじ小屋で飼われている雄二匹に一心に犯されている。

 

飼育小屋少女のエロ画像ネタバレ集

ハンディコミック【飼育小屋少女】LP1※スマホ専用

 

ハンディコミック【飼育小屋少女】LP1※スマホ専用

 

ハンディコミック【飼育小屋少女】LP1※スマホ専用

 

ハンディコミック【飼育小屋少女】LP1※スマホ専用

 

飼育小屋少女のあらすじ・ネタバレ

変更で生まれ故郷の学校へと転勤してきた男教師。

 

都市と呼ぶには物足りないが、地方というほどでも弱い土壌における普通の学校だ。

 

ただ、都市では見かけない物珍しい鳥獣が存在している。

 

よその土壌からやってきたヒューマンにとっては目線を疑うような鳥獣が…

 

女性教師に校内を案内してもらっていた亭主は、最後に飼育小屋へと案内される。

 

子供たちの訓練のために鳥やウサギを飼っているのが普通の展望だ。

 

亭主もあんな軽い気持ちで当事者をのぞき込むと、そこには驚きの鳥獣が飼われていた…!

 

飼育小屋の中にいたのは裸のちっちゃい女の子…

 

唖然とする男教師に対し、女性教師は当たり前のような外見で批判を通じていく。

 

女の子は性分に組み合わせがぐっすり通じるがこの辺りでは極めて普通の鳥獣らしい。

 

確かに人の語学を話す様子もないし、スタンスも少し性分とは違うようだ…

 

男教師の組み合わせを見ると無垢な笑顔で近づいてくる女の子。

 

周りの子供たちも囮をあげようと集まっており「ミミ」と呼んで可愛がっている。

 

とってもウサギでも扱うかのごとく女の子に接する周囲に戸惑いつつ、男教師はその場を後にした。

 

あした、亭主は飼育小屋の中でミミが雄に犯されている展望を目撃してしまい…!?

 

 

飼育小屋少女の感想

教師のキャラクターが転換した先の学校では、飼育小屋で女の子が飼われていた。淑女教師の批判によると、恋びとはヤツに似てはいるけれども、ただの生物であるというが……。

 

『飼育小屋少女』は、マイホーム畜の女の子に惹かれたパパ教師が、恋びととの性交にはまっていく作だ。基本CG分量は10枚、差分込みで83枚、解像度は1920×1440、フォーマットはJPGとPDF、キーワードありと図形のみの品種が人間用意されている。

 

 

テkissトの切り口は、キャラクター切り口。亭主はゼロ、どうやら人間の女の子がマイホーム畜化されていることに戸惑うものの、自ら以外のヤツがそれを無論と見なしている状況に晒され、自分自身もまたそれを受け入れてしまう。そして亭主は飼育小屋の補助を任されることになり、小屋に最初匹しかいないというマイホーム畜女の子ミミが、雄たちと交尾するくんを日常的に見守ることになる。

 

スタイル陰はヤツです女の子が犯されるのを見ているうちに、キャラクターの理性はどっさり失われていく。そうして亭主は人目を忍んで、己もまた女の子を犯すという厳禁を犯してしまうのだった。

 

『飼育小屋少女』は、同人CG集でありながら、お喋り進展がだいぶ際立つ作だ。キャラクターがマイホーム畜たちと関わっていくうちに、亭主の内心の移ろいゆくくんが見事に表現されている。

 

キャラクターはミミを犯してしまった開始、自らをマイホーム畜の雄たちと一緒視し、引け目に苛まれる。しかし、亭主はアッという間に、言い訳を図るようになる。ミミと雄が獣のように交わるのは「交尾」にすぎないが、ミミと愛し合っている自分がするのは「セックス」だと考えるようになるのだ。

 

ミミと「セックス」する以前のキャラクターは、辛うじて金網の”こちら側”に踏み止まっていたが、亭主は恋びとと「セックス」してしまったがゆえに、”深層”へと踏み出していく。そうして迎える終了ポイントで亭主がやる気呟いたセリフは、話し全体を象徴する有難いオチだったという。

 

 

[チンジャオ娘/煙ハク]ビッチ!?が田舎にやってきた*エロ画像ネタバレのTOPへ戻る


inserted by FC2 system